2007年10月23日

花粉症に効果のある光触媒塗料

光触媒とは、自分自身は変化することなく光を受けて様々な化学反応を起こす物質のことであり、

 身近な例としては植物の光合成があり、葉緑素が光触媒として働いています。

 ガイアの光触媒加工液は、ニ酸化チタンが光触媒として使われています。

 この二酸化チタンに紫外線や蛍光灯の光があたると光触媒反応が起き、

 二酸化チタンに付着した有機物が酸化分解され、この働きにより抗菌・消臭などの効果が得られます。

 効果の詳細としては、消臭、抗菌、防汚、シックハウス、化学物質過敏症対策の効果が得られます

光触媒塗料は自宅の窓ガラスなどに吹き付けることで、花粉症や、シックハウス症候群などの予防に役立ちます。


ラベル:光触媒塗料
posted by ゆめかな at 17:33| 目標設定が叶える夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。